メニュー

痛風(高尿酸血症)の治療

血液中の尿酸値が高い状態( 高尿酸血症)で、 足の指や足首、膝などに起こる急性の関節炎です。とくに足の 親指の付け根の関節(母趾MP関節)が最も多くみられ、初めて発症される人の7割がこの部位です。

高尿酸血症は尿酸産生過剰あるいは排泄低下、あるいはそれらの混合のいずれかにより現れます。原因は不明ですが、ある程度の体質(遺伝性)が関与しており、アルコール(とくにビール)や甘い飲み物なども増悪させます。典型的なタイプとしては、活動的な中年男性で、アルコールや肉食を多く摂取する習慣がある人に多いようです。

治療方針としては、痛風発作で関節痛の強い時は、まず鎮痛剤で対処します。痛みが落ち着いてから、尿酸値を低下させる薬剤を内服します。高尿酸血症の薬はここ数年で進歩し、安全性が高くなっています。水分を多く摂取することも尿酸値を低下させるのに有効といわれています。当院では、多数の痛風患者さんの治療をサポートしてきています。

IMG_0415

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME