メニュー

糖尿病の症状とは

[2018.04.06]

糖尿病の自覚症状としては、代表的なものとして以下のものが挙げられますが、無症状の患者さんの方が多いくらいです。

*尿の量が多くなる(多尿)
血糖値が高いと尿糖が増加します。糖は尿に出るときに、同時に水分も一緒に出すために尿の量が多くなります。
*のどが渇いて、水分をたくさん飲む(口渇、多飲)
多尿のため脱水状態となり、のどが渇き、水分をたくさん飲みたくなります。また、空腹感も生じます。
*体重が減る
糖が尿に出るために、体のたん白質や脂肪を利用してエネルギー源とするためです。
*疲れやすくなる
エネルギー不足と、体重減少により疲れを感じやすくなります。

*足のしびれ、違和感

糖尿病の合併症のひとつである神経障害のために生じます。

このような症状のある方は、受診することをお勧めします。

DC6C4261-1D08-4F2C-8552-CC170ACD34C7

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME